Balance Care Association

  • facebook
  • twitter
  • mixi
  • report
  • ワークショップレポート 乾燥に負けない肌へ

乾燥に負けない肌へ

2012年10月20日、都内SANBANCHO CAFEにてイベントが開催されました。
まず、最初のセッションとして、美容ライターでありながらタイ式ヨガなどボディーワークにも精通する、いしずか久見子さんを迎え、ご家庭やオフィスで座りながらでき、なおかつ、効率よく体の代謝を促すストレッチやバスタイムに取り入れられるリンパマッサージや頭皮のマッサージについてレクチャーいただきました。
最近の皮膚科学研究では、汗には保湿効果があり、秋冬に乾燥肌を発症するのは、単に空気が乾燥するからだけではなく、気温が下がり汗をかきにくくなるためと言われています。代謝を促し、冷え性の改善、そして適度に汗をかく習慣を取り入れることは、秋冬の乾燥肌対策として有効な手段と言えるのです。
続いてのセッションとして、数多くの女優・タレントのヘアメイクを担当する枝村香織さんを迎え、ベースメイクからアイメイクにいたるまで、石けんだけでオフできるアイテムのみを使ったメイク術をデモンストレーションいただきました。クレンジングはその洗浄力の強さから、肌の潤いを閉じ込めている肌の油分類をも洗い流してしまい、乾燥肌にとっては大きな負担となります。クレンジングを使わないメイク習慣を取り入れることは、スキンケアで保湿を強化すること以上に乾燥対策の効果は高いもので、乾燥による肌の老化予防のためにも早いうちに脱クレンジングすることをご提案いただきましました。
また、メイクについての基礎的なテクニックもしっかりとレクッチャーいただき、小顔効果や印象別のアイラインの引きかた、チークののせ方など約2時間渡ってのセッションとなりました。
最後のセッションとして、ミネラルファンデーションの魅力や今年のメイキャップのトレンド、スキンケアの同行などについて、トークショーを行いました。バランスケアアソシエーションからの秋冬の乾燥肌対策に向けた提案は、「代謝を高めて適度に汗をかける習慣を取り入れて、脱クレンジングできるメイクを心かける。そして、うるおいにつながる食べ物に取り入れることで、肌本来のうるおいを保つ体力を高める。そうすれば、過剰なスキンケアは必要ない」というもの。「ただ、そのために"あれをしなければならない"と言った義務感を感じてストレスとなってしまえば逆に肌にとってもマイナスになってしまう。だからこそ、"楽しく"が基本で、無理せず代謝を高めるために、普段の生活の中で体を動かすコツを知って、肌に負担の少ないメイクを楽しんで、肌にメリットのある食べ物を美味しく食べていただきたい。そういう美容につながる楽しみを感じていただくことがバランスケアアソシエーションの目的なのです」とオーガナイザーの茂田は伝えた。
イブニングパーティーはオーガナイザー茂田がプロデュースした美容食材を使った料理やお酒を楽しみながら、ご来場の方々同士や講師と懇親を深めました。
また、今回協賛いただいた、ETVOS、HIERBA、You by U、nesnoの商品のタッチ&トライコーナーではたくさんの方々が商品を試し、メーカーの方々に様々な質問をされていました。
FOOD MENU
サンマのアジア風マリネ、オリジナル・コブサラダ
鶏レバーペーストのピザ、エキストラ・マルゲリータ
きのことホタテのパエリア、デザート・アソート
こうして、盛況のうちに、BALANCE CARE ASSOCIATION 2012 AUTOMN WORK SHOP“乾燥に負けない肌へ”を無事終えることができました。
※このイベントの模様は BLCA USTREAM ch にてご覧いただけます。
▲ページトップへ