Balance Care Association

  • facebook
  • twitter
  • mixi
  • report
  • セミナーレポート2

表情に若々しさとハリを取り戻すフェイス・エクササイズ

Lecturer  Interview

原田さんは長年ネスノをご愛用されているとお話されていましたが、ご利用になるきっかけは?

私がネスノをはじめてつかったのは、私のスクールの生徒さんでもある開発の重田さんのお母様から、発売前のネスノを使わせていただいたのがきっかけなんです。
使った瞬間、もうビックリ。「これはいい!」と思いましたね。しかも、ネスノの理論と私の考えは一致していたので、これは使わずには居られないって思いました。実は、ネスノに影響を受けて、私はフェイスエクササイズを開発したんですよ。

そんなご縁があったとは驚きです。

でしょ?私は当時30年近く体作りをやってきたけど、顔についてはまだやっていなかった!って気づかされたんです。ネスノに出会っていなかったら、私のフェイスエクササイズはなかったんじゃないかしら?

私はネスノを全身で使っているんです。顔、体、髪の毛まで。髪に使っていたら、髪の毛がものすごく元気になったの。それまで私は、髪を黒く染めて、ストレートパーマをあてていたから、髪に元気がなかった。でもそれらを一切やめてネスノ一本に切り替えたら、自分でも驚くほど元気になってしまって。人間の体ってまだまだ進化する、と驚きましたよ。

余計なものがなくなった分、元々のパワーがあふれ出したんですね。原田さんはとても56歳には思えない美しさとパワーを感じますがエクササイズ以外で何か美の秘訣はありますか?

そうですね、常に「素」でいたいと思うことでしょうか。素でいるときは、天と地と自分が繋がっているんだな、と感じています。私のエクササイズは、デトックスだと言われますが、もう一歩進めて「浄化」と言いたいんです。いかに浄化していくかが大事か。あとは、人生は転がっているから、いかにうまく勢いよく転がしていくかも大事だと思っています。人って不安な時に、気を晴らしてしまうけど、不安な時に気をぐっと集めればパワーになって転がると思うんです。不安って、不安定で安定じゃないから逃げだそうとするけど、不安な時にひとつのことに集中することが大事だと思います。常に転がっていくと思うと、前に進んでいきますよ。その原理原則を大事にしています。

セミナーの中で「私たちの世代から病気にならない」とおっしゃっていましたが、とても感動しました。いつ頃からそのような想いを抱くようになったのですか?

実は、50歳を過ぎてから世の中の役に立つ人間になりたいと20代の頃から思い続けていたから、けっこう長い間あたためてきた事なんですよ。30代頃から、いろんな方との出会いを通して、先人の知恵を実践に活かしていかなければと思ったんですね。だから、病気とかになって何かをやろう、思ったのではなく、人生のミッションとして、体を元気にすることをいつも考えていました。それがやっと実行できる時期がきたのだと思っています。

先生が輝いているのは、自分の考えを一気通貫されているからなんですね。

私の考えは、とってもシンプルだからね。だから、私のメソッドを通して、輝いている50代60代70代をたくさんつくっていきたいんです。なにも政府とかお役所にお願いするとかじゃなくて、ひとりひとりの女性が輝いてなくれればいいのです。私のエクササイズは、シンプルな繰り返しの運動ですが、「繰り返しの運動に天使が宿る」と思っています。繰り返しやっていくとある日突然流れができるんですよ。

肉体は真実、生きてきた証ですから、なにか不調があれば、原因さえハッキリわかれば何をすればいいかおのずとわかるでしょ?体と正しく向き合うと、年齢も関係なく体はちゃんと答えてくれます。
これからの50代60代に輝いて欲しいから、体と向き合うことにあきらめないでほしいわ。

私の今のテーマは「ライフ生活エンジョイ」がテーマ。生活には命の輝きがあります。日々の生活が輝いて居なければ人生は充実しないと思います。目的があれば不安でも人生は転がることをお伝えしたいですね。人生の目標、目的は全ててはなく、いかに輝くことが大事か、ということを皆さんにもご理解いただけると嬉しいですね。