Balance Care Association

  • facebook
  • twitter
  • mixi
  • report
  • セミナーレポート2

表情に若々しさとハリを取り戻すフェイス・エクササイズ

Seminar Report

New 50's 60's宣言。私たちの世代から病気にならない

最初に驚いたのは、原田さんのパーフェクトボディ。ムダなぜい肉が一切無く、首にも一本のシワもありません。
「なんにも高級な化粧品など使っていないんですよ。使っているのはネスノだけ。33年間、体作りをやってきましたが、自然の原理原則に沿うことが一番です。私は今の体が一番幸せ」
とにこやかにおっしゃる原田さん。
「今日、皆さんにお伝えしたいのは、新しい50代60代を作っていくこと。生きるための道具である体を磨き、体のエネルギーをアップすれば、私たちの世代から病気にならないんです。これを実感してもらえるエクササイズをご紹介していきます」

美しくありたいのなら、若づくりはやめましょう!

海外との親交もある原田さんは、いつも疑問に思うことがあったそうです。
「日本の女性は若く見せようとしすぎ。昔は良かったと、そこを基準にダイエットや若作りをしているから結局は体のいろんなところをいじめているのです。また、何かの基準に自分を当てはめようとしているからストレスが溜まるんですよ」
言われてみれば、確かにそうかもしれません。
「日本人の女性は年を隠したがるけど、それはおかしいですよ。女性には、その年の美しさ、その年の成熟さがあると思います。それを私たちが実践することで、社会が大人になってくることだと思いますよ。だから日本人女性は早く若く見えることがステキとか美人である、という観念を早く捨てた方がいいですよ。そうすると、体がとても活き活きしてくるし、心も元気になっていきますよ」
成熟した大人の女性、という概念は、今の日本にはまだまだ芽生えていませんよね。原田さんの言葉を聞いて、少し勇気が沸いてきます。
「じゃあ、どうすればいいのかというと、自分の本来持っている力をどんどん引き出してあげればいいんです。体を正しく動かせば、見事に体は変わってきますよ。どんなにいい化粧品を使っても、本質的に体が美しくなければ意味がありません。体の美しさとは血流です。血流なくしては、その人の健康と美しさは得られません。血流に勝る美容液はなし、血流に勝る薬はありません」

顔と体の密接な関係。体の衰えは、すべて顔に出る!?

「最近の若い女性はおしりが大きいのが気になります。長時間同じ姿勢で座っているから背中が曲がってきているし、骨盤が開いてきているのです。骨盤が開くと、必然的に内股になり、肋骨と骨盤の間が下がってくるんですね。いわゆるメタボ体型ですね」
受講者、全員どきりとする発言です。
「しかもね、顔と体は結びついているんです。眉が肩、まぶたの下が乳房、ほお骨は肋骨。長時間座って肋骨が下がってきている人は、ほお骨も落ちているはずですよ。だから老けてみえてしまうのよね」
これまた、どきり。
「唇が陰部、鼻がおへそ、あごが骨盤、まぶたは肺。オペラ歌手をご覧なさい。みんな目を見開いて歌っているでしょ?肺が開いている証拠。冷え性も人はね、呼吸器機能が低下しているの。ちゃんと呼吸できないから、心臓がちゃんと動かない。低血圧、生理痛、便秘などは全て呼吸機能の低下ですよ」
言われてみてば、納得のお話。本当に体と顔は一致しているのですね!
「まずは正しい姿勢で立つことを心がけましょう。正しいしせいで立てば、おのずと骨盤がしまってきます。体半分の筋肉もつかうので、新陳代謝もよくなりますよ。顔は体の一部だけど、体全体でもあるのです」
正しい姿勢とは、片方のかかとをもう片方の土踏まずにつけて、足を10時10分に開くこと。肛門にきゅっと力を入れて後ろ側の筋肉を意識するとだれでも美しい姿勢に。この他にも、長時間、正しく楽に座れる裏技も伝授してくださいました。膝を紐できゅっと結ぶだけで、背筋がシャン!骨盤が開くのを防いでくれるので、長時間でも同じ姿勢をキープできるとか。正しい姿勢って、実は一番楽な姿勢かも、と実感します。簡単にできることだから、日々意識してみてはいかがでしょう。

原田流エクササイズは、いつでも、誰でも、簡単にできる!

基本編の次は実践編。体を正しく機能させるエクササイズをみんなで実践します。
「頬がたるんできたからといって、顔をいじるのはよくないですよ。頬は肋骨だから、肋骨を上げるエクササイズをすればいいんです」
そこで登場するのがタオル。タオルを使って、エクササイズをします。
「胸郭をあげるには、バンザイすればいいんです。胸郭の位置があがれば体は活き活きとしてきますよ」
さっそくみんなでタオルを持ってバンザイのポーズ。もう、これだけでも痛い人も。バンザイしたままアゴを出して前掲姿勢になります。
「これがキツイ人はかなりの首こりさんですよ。毎日やればできるようになるし、肩関節がゆるくなるので、胸がひらきます。そうするとおのずとデコルテもきれいになりますよ」
原田さんの83歳のお弟子さんは、このエクササイズはお手のものとか。美しさに年齢なんて関係ないんですね。

その後は、手を叩くだけのエクササイズ。本当に手の関節を叩いていくだけなんです。叩いて痛い、と感じるところは、血流不足の証拠。しっかり叩いて体内の血液循環をよくします。さらに手のひらには内臓のツボがたくさんあるので、内臓のマッサージをしているのと同じだとか!こんなに簡単でいいのでしょうか?!体を正しく動かすって、何も特別なことはしなくていいんですね。
エクササイズをやったあとは、必ずリンパを流して、老廃物の掃除をしてあげることも、効果をさらに感じる秘訣だそうです。

そして最後は、お待ちかねのフェイスエクササイズ。
まずは、フグの呼吸法で腹式呼吸の練習。
「ちゃんと呼吸出来ている人が少ないから、これを毎日やるだけでもだいぶ違いますよ」
呼吸がちゃんとできると、リフトアップにつながるので、皆さん必死です。
表情筋エクササイズでは、主に頬、唇、アゴなどを動かしていきますが、なかなか思うように動きません。
「顔で動かなかったところが、体の不調な部分。ボディを整えていかないと、顔も治りませんよ。人間の肉体は完璧なものだから、うまく使っていかなきゃ損。自分自身が元気であれば、いろんなことができますよ。最終的には、頼れるのは自分だし、体は一生のパートナーなんです。体という道具をいかにうまく使いこなしていくかで人生は変わりますよ」

最後に心強いメッセージで私たちにエールを送ってくれた原田さん。
受講された方の中には、長年通院してもう動かないとあきらめていたところが、今日のエクササイズで動いた、と報告される方も。外からの情報に振り回されるよりも、体の声に耳を傾けることの大切さを教えてくださった原田さん。講座の終わった後の受講者の皆さんの顔が、なんだか明るく華やいだ雰囲気になっていたのがとても印象的でした。貴重なひとときを、どうもありがとうございました。